プレインズウォーカー・ポイントの廃止は多くのマジックプレイヤーに衝撃を齎しました。
私もその1人です。そこまで歴は長くありませんでしたが、私のマジックとの歩みはDCIナンバーと共にあり、プレインズウォーカー・ポイントのページはその足跡でした。
自分の携帯電話の番号は覚えていなくても、DCI番号は覚えていたんですよ。

ともあれ、一旦廃止が決まってしまいました。
現状、PWPに過去戦績をエクスポートするシステムはありません。
必要な方は、5/27までにPWPのサイトから過去戦績を何らかの方法で取り出す必要があります。
いくつか使えそうな手法がありましたので、ご紹介しようと思います。

csv形式で取り出す手法

こちらで紹介されています。
!注意!
少々難しい手法になります。
英語環境での手法であるため、日本語環境だと文字化け等が発生します。それらへの対処が可能な方であれば、極めて高効率です。

html形式で取り出す手法

多くのブラウザはWEBページをhtml形式で保存することができます。
ウェブページをそのまま保存するhtml形式が、PWPページをそのまま保存するという意味では適していると言えます。

ひとくちにhtmlと言っても、「htmlのみ」「完全」「mhtml」、他にもあるかも知れませんが、まずはこの3つの形式が存在します。

「htmlのみ」:文字のみ。軽い。文字のみだから見た目はほぼ残らない。
「完全」:文字に加え、別ファイルで画像などの素材を保存する。素材のみを後から確認できる代わりに、htmlと素材がセットでないとページの再現ができない。
「mhtml」:素材を埋め込んで一つにした何か強そうなhtml。素材のみを取り出すのは困難な代わりに、1ファイルでページの再現ができる。

オススメはmhtmlですね。余裕があれば完全での保存もしても良いかも知れません。

保存についての手順ですが、Google Chromeが推奨です。上記3つの形式すべてでの保存が可能です。
保存方法は簡単。Google Chromeで保存したいページ、この場合はPWPページの履歴タブを開き、「CTRL」+「S」を押します。
save_html
そうしたら、このように保存ウィンドウが開くので、ファイル名と保存形式を選択して保存。

…と言いたいところですが、1つ注意点があります。
上の画像の状態で保存してしまうと、それぞれのイベントの詳細、折りたたまれている部分は保存されません。
保存できたと安心して後日ファイルを開いたら、大会で何回戦に誰と戦って、2-0だったのか2-1だったのか、そもそも大会に何人参加したのかも開くことができなくなってしまいます。
グランプリで憧れのプロと戦った記録も、初めてFNMで3-0した時のことを思い出すことも難しくなってしまいます。これではいけませんね。
それぞれのイベントの詳細を開いてから、保存することを推奨します。

とは言っても、全てのイベントの詳細をクリックして開いて回るのは現実的ではありません。指が疲れます。
だからここはプログラムの力を借りましょう。
履歴のページで「F12」ボタンを押してください。
developer_tools
なんだか頭が良さそうなウィンドウが開きましたね?開発者ツールとか言うのですが、まぁ何か便利なことができる感じのヤツです。
上の方を見ると、ほとんどの人は「Elements」に青い下線がついていると思いますが、その隣、「Console」と書いているところをクリックしてください。
console
「よく分からない画面」から「よく分からない画面」になりましたが、続けます。
よく分からない文字列の最後に、青い「>」があり、カーソルが点滅していると思います。
そこに下に記載するコードをコピーして、貼り付けて、「Enter」を押して実行してください。


document.querySelectorAll('a.Expand').forEach(a=>{
  a.focus();
  a.click();
});

なぜか全部の履歴の詳細が開きましたね。不思議なことが世の中にはあるものですね。
では、よく分からない頭の良さそうなウィンドウは閉じて、ページの保存に進んでください。

画像での保存

html形式での保存とは別に、画像形式での保存も選択肢に上がります。
基本的にはhtml形式で問題ないのですが、より直感的なものとして、見たまま全てを保存する意味において、画像形式での保存も保険に行っておく価値はあると考えます。
画像形式での保存はFirefoxの使用を推奨します。Google Chromeでの保存は少し難しいのと、上手く全体が入らないことがありました。

Firefoxで保存すべきページを開き、上記で紹介した方法を参考に全イベントの詳細を開きます。
アドレスバーの右から3番目の「・・・」となっているところを押すと、「スクリーンショットを撮る」という選択肢があります。
「ページ全体を撮る」を選択することで、履歴ページの上から下までがひと繋がりになった画像ファイルで保存されます。

もしかしたら今後、ウィザーズよりPWPページのバックアップ手段が提供されたり、方針転換で履歴を引き継げるようになるかも知れませんが、現状を見る限りそれらは絶望的です。
5/27にPWPページが見れなくなる前に、可能な限りのバックアップを行い、ここまでのマジックとの歩みを忘れないようにしたいですね。