いよいよ『モダンホライゾン』のプレビュー期間が始まり、続々と収録カードが公開されていっています。流石モダンでの使用を想定したセットだけあって、思いもつかなかったようなカードが公開されて驚かされる毎日です。
現在公開されているカードから、個人的に気になるカード、面白いと思ったカードについて語っていけたらと思います。

ピッチスペルたち

『モダンホライゾン』収録カードの中でもトップレベルに注目を集めているカードが、《〇〇の力》という名前の各色1枚ずつのピッチスペルサイクルでしょう。
元ネタはかの有名な最強と名高いピッチスペル、《意志の力》。これにちなんで、手札から同じ色のカードを1枚追放することでマナ・コストを支払わずに唱えられる呪文です。ただし、《意志の力》の反省から、マナ・コストを支払わずに唱えられるのは対戦相手のターンのみに限定されています。《意志の力》にあったライフ・コストはなくなっていますが、基本的に弱体調整されていると言って良いでしょう。

jp_QV2hmybmDB
《否定の力》。今回「ついに《意志の力》のモダン版が!」と多くのプレイヤーを沸かせた、話題のカード。《否認》に青マナ1つ増えただけで、対戦相手のターンのみとは言えピッチコストの選択肢がつき、ささやかではありますが打ち消された呪文を追放する能力があります。実を言うと追放つき《否認》はマジックの歴史上存在しなかった効果です。意外。(もしかしたらあるかも。あったら教えてください。)
クリーチャー呪文はカウンターできないにしてもその効果は強烈無比。青が絡むデッキなら是非入れたいカードです。

jp_DNlp1kz1M4
《絶望の力》。このターンに戦場に出たクリーチャー限定の《審判の日》。色的には《滅び》だが、再生を考慮して《審判の日》で。

ところで『すべての人類を破壊する。それらは再生できない。』第1巻買いました。面白かったです。
D7al62_UIAA889n

対象がかなり限定されたことでインスタントかつピッチコストも持ちながら《審判の日》よりも軽いという驚愕のダイエットを果たしました。
似たような効果のカードを探したら、《揺り籠から墓場まで》というカードを見つけました。こんな効果のカードもあったんですね。
挙動としては《否定の力》とは対象的にクリーチャーに対する打ち消しのように働くでしょう。破壊不能や再生持ちがどれだけいるかも評価に影響するでしょう。

jp_uRIiMWpTf7
《活性の力》。二倍《帰化》。マナ・コストも《帰化》の丁度二倍。モダンは環境柄、《虚空の力戦》や《安らかなる眠り》、《石のような静寂》といった強烈な対策エンチャント、《罠の橋》や《虚空の盃》といった妨害アーティファクトが多く存在します。《霊気の薬瓶》や《硬化する鱗》、《精力の護符》のように戦略の中核になる軽量アーティファクト、エンチャントも数多く存在します。それらに1枚で多数を処理しつつ、必要とあらば序盤からピッチコストで対処していけるこのカードは強力な選択肢です。《絶望の力》とも共通しますが、ピッチコストで唱えた場合に2対2以上の交換ができる点が、どう足掻いても2対1交換にしかならない《否定の力》との差別化ポイントかな、と思います。

白と赤のピッチスペルは特筆すべき点が思いつかなかったのでパスで。

強力な再録カード

『モダンホライゾン』には今までモダンで使用できなかったエターナルのカードも再録されます。「モダンにいても良かったけど、スタンダードには再録しにくかった」という強力なカードのモダン参入です。

jp_XftH8qbSom
《嘘か真か》。4マナでデッキの上から5枚のうち欲しいカード+αが期待できるパワーカード。インスタント4マナで基本手札が増える上に、5枚の中で最も欲しいカードを絶対に手に入れられるって、例え手札に加わるカードが公開されていたとしても強いと思う。青が入るデッキで、《謎めいた命令》を入れるには色拘束が不安な場合の4マナの選択肢の1つ…かな。

jp_aOIpha4ePJ
《ゴブリンの女看守》。ゴブリンデッキがかなり強力になりそう。収録カードにも強そうなゴブリンカードチラチラ見えるし。

jp_8qKTuZxRY9
《敏捷なマングース》。ついにモダンにもカナディアン・スレッショルドの可能性が。レガシーではそれなりに名の通ったカードだが、モダンでも活躍を見せるのだろうか。

スポンサードリンク

面白いと思ったカード

jp_YmKd8LDXha
《過大な贈り物》。《内にいる獣》の色変えとも言える。果たして白に万能パーマネント除去が本当に必要だったのかは謎。《流刑への道》やら何かと除去は得意な色だし。

jp_3c3lsu23kV
《凍て虫》。個人的ベストデザイン大賞。今回のモダンホライゾンでは、両面カードを混ぜることは恐らくできないか、相当難しかったはずだ。にも関わらず敢えて変身のフレーバーに挑み、見事変身を1枚のカードにまとめて見せた。見事としか言いようがないデザイン。

jp_FG7KjDbdJ7
《氷牙のコアトル》。条件を満たすと、瞬速で出てくる《悪意の大梟》。条件を満たさなくても瞬速で出てくるキャントリップ1/1飛行は決してバカにならない。このカラーリングのクロック・パーミッションデッキが成立するなら…

《狼狽の嵐》

jp_7bVgoKkiI9
《狼狽の嵐》が再録されると聞いて喜びました。ボックスプロモでした…
供給量はそこまで増えないのに、モダンで使用可能になって価格が上昇する未来が見える…と言うかもう上昇している…辛い…

スポンサードリンク