いよいよアリーナやMOで「ラヴニカの献身」の早期リリースが始まり、今週末からはプレリリースも始まります。
個人的にはリミテッドでは序盤に出せて後半のマナフラッドの受けにもなるようなクリーチャーが強いと思っているので、「順応」といううってつけの能力を持つシミックは実に強力な選択肢になるのではないかと楽しみにしています。
jp_vmmmqeKBfp<jp_pDsRxG5Y6y
《プテラマンダー》や《エイ翼のスパイ》はデッキの軸になり得るカードです。特に《プテラマンダー》は墓地が増えやすいモダンやレガシーなどでも注目されているカードです。スタンダードのコモンやアンコモンから他のフォーマットで注目されるようなカードが出てくると、マジックの面白さを感じます。
今回はリミテッドでそれぞれの色で強そうだなーと個人的に思ったカードを書いていければと思います。

jp_Bsyf40Ogre
《空の戒め》
1マナにして最低限の除去として機能する。航空戦力が豊富であればなお強力。使えば膠着は必至なので、飛行持ちのフィニッシャーがいると良い。

jp_uxKbeQbht1
《勾引者の熱情》
コンバットトリックにも最後の詰めにも役立つ。《力強い跳躍》に比べれば見劣りはするが、ほぼ同じ感覚で使える優秀な呪文。

jp_aAsie0k4db
《護民官の重鎮》
よく見ると自軍全体修正という、なかなかすごいことが書いてある。本体のサイズも総攻撃の留守を守るに不足はない。ジェネリック《敬慕されるロクソドン》と言ったら怒られるか。

jp_mCNhMRHdEG
《組織の伝書使》
カード1枚で処理されない飛行持ちは大抵いやらしい。

jp_pDsRxG5Y6y
《エイ翼のスパイ》
順応デッキのキーカード。《アブザンの鷹匠》。ただでさえサイズが上がっている+1/+1カウンター持ちが飛行まで持ったらそりゃあ勝つ。

jp_5vcFwsE7RB
《冷気をもたらす者》
コモンがやっていいカードパワーとはとても思えない。5マナパワー3飛行が盤面に触れる能力まで持つ時代になったのか。

jp_TaD7qBbTQg
《スライム縛り》
Twitterでサリアをスライム漬けにしている画像で完全に見落としてたんだけど、瞬速ついてるのは強いわ。

jp_XXbNON6BRn
《早足ウツボ》
そんなお手軽に5/5作ったらアカンって。

jp_1e1CXdOOxW
《執念深い吸血鬼》
死後を絡めて能動的に生贄に捧げる手段まで用意したら強いが、そこまでしなくても充分強いと思う。構築でもアリストクラッツに使われる…かも。

jp_Q11m5oQvOV
《死の歓楽》
横展開して討ち死に覚悟の総攻撃でダメージ押し込んで、これで拾って再展開は相当強い動き。2マナでカードカウントが増える時点で相当強い。

jp_uqDSN8UZtB
《不正相続》
この手のカードは悠長すぎるきらいがあるが、後でマナが余った時や、緊急事態に備えられる勝ち手段は強いと思う。

jp_fNceppnOQw
実質3/2はだいぶ強いと思う。序盤でこれを無傷で止められるクリーチャーは相当少ないと思うので、早期の絢爛達成要員として便利。

jp_Mr47YuJizG
《短剣使い》
ジェネリック《ゴブリンの鎖回し》。《ゴブリンの鎖回し》が強いならこいつも強いはず。と使えば《ゴブリンの鎖回し》のクソさが身に沁みる。そんな良カード。

jp_GihZbIP7nB
《ゴブリンの集会》
2枚目以降は《軍族童の突発》以上。数多く集められれば間違いなく強力。

jp_MzgbeGt0mU
《批判家刺殺》
絢爛を達成すれば《溶岩の撃ち込み》。ただ、攻撃を通す前に撃ちたい火力が攻撃後にしか撃てない、というのはやや噛み合わない感がする。

jp_EeHdGpA8AP
《嵐の一撃》
最低限のコストと最低限の効果で、戦闘の結果を180度ひっくり返す、このカードのようなコンバットトリックは使うと頭に良い物質が出る気がする。
スポンサードリンク

jp_nZo61IdCIy
《トロール種の守護者》
元5マナでマナを注ぎ込むと7/7トランプルはゲームを終わらせる性能。条件さえ満たせば他のクリーチャーもトランプルを得るのが強力。

jp_CStnWrgcD8
《暴れ回る裂き角》
5マナ4/4速攻も5マナ5/5もコモンのクリーチャーとしては充分な性能。

jp_RQiYwYoZJV
《尖塔に忍び寄るもの》
青が必要にはなるが、飛行それもパワー4はデッキに入れる価値が充分ある。青なしでも3マナ4/2として運用が可能な点も好感。

jp_PSUJSg67Bx
《剛力の殴り合い》
条件を満たせば1マナインスタント格闘という高性能。条件も格闘を意欲的に行いたくなる条件なのでスムーズにデッキに組み込めるはず。

多色

jp_HJnFC6Eis6
《最後の支払い》
目につくのは、効果に対するマナ・コストの軽さ。追加コストこそあるものの、充分実用と言えるレベルの除去と思う。

jp_WGsMLR7vLs
《法魔道士の束縛》
瞬速つきの《光明の縛め》。瞬速つきの実質除去エンチャントが多めなので、メインからエンチャントに対応できるカードを入れておくのも一考の予知あり。


自分の感覚通りシミックが強いのか、グルールやラクドスなどのよりアグロ型が強いのか、アゾリウスやオルゾフといった少し長期戦型の方が強いのか。今日と明日からのプレリリースが楽しみです。

スポンサードリンク